トップ > 緩衝材  >  バラ緩衝材

バラ緩衝材 (ハイタッチ、エコソフト、リネイチャー等)の販売

袋入りバラ緩衝材バラ緩衝材はバラ緩とも呼ばれています。商品と箱の隙間をうめることにより、衝撃からのダメージを和らげ、商品の安全に輸送するために主に使われています。従来のものは化成品で主でしたが、最近は環境にやさしいエコタイプ(生分解性)が 多数商品化されています。

当社では販売しているバラ緩衝材の主なものは下記ですが、それ以外のものでもお尋ねください。
   ハイタッチ、  エコソフト、 リネイチャー、 サラサラ、 ふわふわ

包装形態としてはポリエチレン袋におよそ0.4m³のバラ緩衝材が入っており、大きさとしては直径がおよそ60cm、高さがおよそ130から140cmくらいになります。また、梱包の作業性を上げるためには、小袋入りのバラ緩衝材を使用すると便利で、小袋入りのバラ緩衝材も0.4m³の大袋に入れて納入されす。

下記表は、主なものをまとめました。


商品名 特長 材質 生分解性
ハイタッチ 自然に優しく安価 コーンスターチ・ポリプロピレン
エコソフト 100%自然に還ります コーンスターチ + PVA(生分解性樹脂)
リネイチャー 100%自然に還ります コーンスターチ
ふわふわS やや安価 ポリスチレン
サラサラ やや安価 ポリスチレン

下記はそれぞれバラ緩衝材の写真を表す。

ハイタッチ エコソフト リネイチャー
ハイタッチ エコソフト リネイチャー

▲ページの先頭に戻る

小袋入りのバラ緩衝材の種類

ハイタッチおよびエコソフトの小袋の規格は下記です。他のバラ緩衝材の小袋入りを販売しておりますので、お気軽をお尋ねください。

商品名 袋の寸法 入り数(袋)
ハイタッチ 200 200 x 300 200
ハイタッチ 250 250 x 300 150
ハイタッチ 300 300 x 300 120
エコソフト 200 200 x 300 200
エコソフト 250 250 x 300 150
エコソフト 300 300 x 300 120
▲ページの先頭に戻る